新サレルノ養生訓 第5回 一年の四季

サレルノ養生訓とは

イタリア料理が好きな方や、地中海式ダイエットに関心をもたれる方の中には、「サレルノ養生訓」という本があることをお聞きになった方もいることでしょう。サレルノは南イタリア、カンパーニャ州にある都市で、ナポリの南東50キロに位置する有名な保養地です。学問の地としての歴史は古く、八世紀にはヨーロッパ最古の医学校が創設され、広く病気療養、保養の人を集めて「ヒポクラテスの町」とも称されました。イギリスやフランスの王族も治療のためにこの地を訪れたと言われます。

そのサレルノ医学校の創設後、十一世紀末には医学校の校長を中心に小さな衛生学の読本が作られました。それは全編ラテン語の詩の形をとって書かれ、食を中心に入浴法や睡眠など、生活習慣に関する注意事項を予防医学の見地から、一般大衆にもわかりやすく解説したものでした。

これが「サレルノ養生訓」です。現代イタリアでも、ある年齢以上の世代では、幼少時より親からそのラテン語詩を聞かされて育った人がいるとのことです。サレルノ養生訓の原典は、十四世紀スペインの医師•哲学者であるビッラノーバが注解した360行のラテン語文とされ、その後増補されて最終的に3520行まで膨らみ、またサレルノ医学校の名声が上がると共に、英語、イタリア語、フランス語など各国語に翻訳されて、広くヨーロッパ中に流布しました。

ヒポクラテスとガレヌス

ヒポクラテスとガレヌス

新訳サレルノ養生訓について

2001年に私が訳解した日本語版サレルノ養生訓(柴田書店刊)に用いたテキストは、1607年に刊行された英語版(通称ハリントン版、エリザベス一世に仕えた思想家ハリントン卿による英訳)です。この日本語版サレルノ養生訓は幸い多くの方に親しんでいただきましたが、再版のめどが立たず今日に至りました。そして数年前のこと、イタリア食文化に造詣が深い文流会長西村暢夫氏から、自身所持されるイタリア語版養生訓にハリントン英語版(2001年の日本語版)にない記載があることをお聞きし、併せてイタリア語版からの新訳を考えてはどうかという提案をいただきました。

英語版とイタリア語版の養生訓の記述に差異が生じたのは、養生訓成立に関わる複雑な事情があります。中世以降イタリア語を含めて主要な言語に訳された養生訓は、時代とともにラテン語原典の内容が膨らむことで異本や外典が生じ、次に各国語に翻訳される過程で、その国の歴史や時代背景からも影響を受けて訳者による異訳が生じたことで、各版の間で記述に違いが認められたと考えられます。ところで、ヨーロッパ食文化の二大潮流は、ギリシア•ローマ型とケルト•ゲルマン型に大別(M.モンタナーリ)され、このたびイタリア語翻訳者の森田朋子氏の協力を得て、ギリシア•ローマの流れを引くイタリア語版からの新訳が可能となり、出版前に当サイト上で少しずつ公開する運びとなりました。ハリントンの英語版との比較も興味深いところです。

今回訳者の森田氏は、新訳養生訓のテキストに現代イタリア語訳であるシンノ版(Mursia社刊)に採用されたラテン語(デ•レンツィ校訂によるラテン語完全版、3520行からなる)を用いています。1876年サレルノに生まれたアンドレア•シンノ博士は、博物学•農学を修め、科学教師や図書館員の職に就きながら、郷土史とサレルノ医学校の研究を行い、1941年サレルノ養生訓の注釈付き翻訳書を著しました。森田氏と私の間で協議し、今回の新訳にあたりシンノ氏の注解を参照しながらあくまでラテン語原典を尊重し、さらに時代とともに膨らみ豊かになった記載を盛り込んで、現代日本の読者により興味を持てる内容とすることを取り決めました。

以上、前置きが長くなりましたが、この11月から当サイト上に、新訳サレルノ養生訓を連載いたしますので、楽しみにして下さい。

ウェルネスササキクリニック 佐々木 巌

訳者略歴

森田朋子(もりた・ともこ)

京都市出身・在住。京都光華女子大学在学中、古典ラテン語を故・松平千秋教授に学ぶ。シエナ外国人大学にて第二段階ディプロマ(イタリア語・イタリア文学専攻)取得後、イタリア語翻訳・通訳業に従事。主訳書『イタリア旅行協会公式ガイド①~⑤巻』(NTT出版・共訳)。
解説者略歴

佐々木 巌(ささき・いわお)

ウェルネスササキクリニック院長、医学博士。専攻は内科学、呼吸器病学、予防医学。長年外来診療や講演活動を通じて地中海式ダイエットの啓蒙と普及にあたる。近著に地中海式ダイエットの魅力と歴史、医学的効果をわかりやすく解説した「美味しくて健康的で太らないダイエットなら地中海式」(大学教育出版)がある。

——————————————————————————————————————————————-

3-4 一年の四季

春の時期には空気は暖かく、また湿っていてしかるべきです。

ですから小麦粉製品と血管切開が有用です。

ひと月に1度だけなら、ウェヌスの営みも悪いとは言いません。

青物はほとんどどれも、春には体によろしい。

夏の時期には暑くまた言うまでもなく乾燥しているので

医師たちは赤い胆汁が優勢になると言っています。

ですからあなたは冷たいものと一緒に汁気のあるものを摂るとよいでしょう。

入浴は控え、ウェヌスの礼賛はごくまれにとどめるべきです。

小麦粉製品も、血管切開も、体によくありません。

冷たく乾いた秋はあなたに果実を禁じます。

温かく汁気のあるものだけが体にいいし、質のよいものを摂るべきです。

小麦粉製品と血管切開には要注意です。

節度あるウェヌスの営みもよろしいでしょう。

冬の季節は寒く、湿っぽく、冷え冷えとしています。

温かく乾燥したものを、食べられるだけお食べなさい。

血管切開が節度をもってなされるのはいいですが、

下剤(による洗滌)は厳禁です。

解説

これから地中海世界における養生の基本理念が述べられます。それは古代ギリシアの医祖ヒポクラテスからローマ時代に活躍したギリシア人の名医ガレヌスに受け継がれた四体液説と地中海性気候に基づいています。ところでビッラノーバが注解した原典サレルノ養生訓では、季節の養生法は食生活に関する記述がひと通り終わった後に出てきますが、デ•レンツィ校訂によるラテン語完全版を底本とする新訳サレルノ養生訓では、その順序が逆転しています。その理由として、これから詳細に語られる衛生各論、すなわち食を中心とした生活習慣と健康との関わりを論じる前に、養生訓の理論的骨格をなす四体液説と地中海性気候の関係を確認する必要があったためと推察されます。

地中海性気候は温帯性気候の一つです。四季があるのは日本と同じですが、夏は日差しが強くて乾燥し、冬は偏西風のおかげで温暖で雨が多く、夏の旱魃に耐えるオリーヴやブドウ、柑橘類の栽培、また冬の降雨を利用した小麦の栽培が行われるなど、モンスーンの影響を受ける稲作文化の日本(東アジア)とは異なる特徴があります。今日地中海というと、真夏に降り注ぐ日光を求めて世界中から人々が集まるリゾートを連想しますが、現代のように快適な住環境もない時代には、乾ききった夏の灼熱は人体にはきわめて危険でした。

夏には赤い胆汁が(体内で)優勢になるとはどういう意味でしょうか。赤い胆汁とはいにしえの体液病理学が教える四体液の一つで、地中海性気候の夏のように熱く乾いた性質を持つ体液のこと。別名黄胆汁とも言われ、この体液が増えると心臓などに障害を起こすと考えられました。そこで夏場に体力を消耗するウェヌスの営み(セックス)、また脱水を助長するような入浴、血管切開(瀉血)、下剤の使用は控えなさいと警告しています。現代の私たちはこれを心臓に持病がある人や、高齢者など循環機能が低下した人への盛夏における生活習慣上の注意として読み解けばよいのです。

ヨーロッパで17世紀まで信奉された四体液説のユニークさは、身体の不調や病気は、血液(熱•湿)、黄胆汁(熱•乾)、粘液(冷•乾)、黒胆汁(冷•湿)の四つの体液の不均衡によってもたらされ、各々の体液は地中海性気候の春夏秋冬に符合すると理論付けられたところです。例えば、春の空気は暖かく湿っています(熱•湿)が、春は同じ性質をもつ体液の血液(熱•湿)が増えて四体液の調和が崩れるので身体に不調が生じると考えたのです。そこで冷たく乾燥した性質の小麦と青物を食べることで盛んになった血液の働きを抑え、また瀉血することが勧められたのです。瀉血や催吐などの治療は現代医学ではそれを行う機会はごく限られている点に注意しなければいけませんが、私たちが養生訓を読み進むうえで、これから登場する様々な食べ物や薬草は、熱、乾、冷、湿の性質から分類されていたことを知っておくと、理解しやすいでしょう。

※新サレルノ養生訓の無断転載及び引用を固く禁止します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中